• 10:00-17:00(電話応対時間)
    メールは、24時間対応
  • 03-6279-1582
    080-3504-3823

    まずはご相談ください!

FAQ

火, 24 4月 2018 03:37

Q.クールジャパンに係る仕事のビザ明確化とは何ですか?

A.アニメ、ファッション、デザイン、食などを学びに来た留学生がする、就労ビザ申請の基準を具体的に表したものです。

 平成29年9月に入国管理局が、「クールジャパンにかかわる分野において就労しようとする留学生などに係らう在留資格の明確化について」というガイドラインを出しました。

 ただ、このガイドラインは、クールジャパンにかかわる仕事だけではなく、すべてのビザ申請において非常に有効な指針を示していると考えられます。

『外国人が大学や専門学校でアニメ、ファッション、デザインに関する科目を履修して卒業し(専門学校の場合は、専門士、高度専門士が必要)、これらの知識をもって日本で働こうと思うと「技術・人文知識・国際業務」のビザを申請することになります。このとき、日本で従事しようとする活動内容が、学術上の素養を背景とする一定以上の水準上の専門的技術又は知識を必要とする活動であって、単に経験を積んだことにより有している技術・知識では足りず、学問的・体系的な技術・知識を要する者でなければなりません。』

 ここまでは、通常の入管法の考え方と同じです。

 このガイドライン非常に重要なことが次の言葉です。

『日本で従事しようとする活動が、入管法に規定される在留資格に該当するものであるか否かは、在留期間中の活動を全体として取られて判断することとなります。したがって、上記の活動に該当しない業務に一時的に従事する場合であっても、それが企業における研修の一環であって、在留期間の大半を占めるようなものではないような場合は、在留資格の変更が許可されるケースがあります。このようなケースに該当する場合は、当該企業に雇用される社員の入社後のキャリアステップ及び各段階における具体的職務内容などにかかわる資料の提出をお願いする場合があります。』

 日本での活動を入管法に該当する在留資格であるかどうかは、全体として捉えて判断する、という言葉が最も重要です。
 特に「技術・人文知識・国際業務」においては、在留資格にぴったりと当てはまる業務だけをしなければならないのではなく、全体として捉えて、例えば、ホテルに通訳で入社した外国人が、主な業務は通訳だけれども、忙しい時間帯だけは荷物を運んだりすることは、問題がないということです。また、研修期間を設けて、現場で調理をするなどの単純作業に従事することも認められているということです。

 つまり、このようなガイドラインに沿った業務内容の丁寧な説明が入管になされるならば、非常に微妙なビザ申請も許可されやすいこととなります。

 なお、日本食分野においては、農林水産省が実施する「日本料理海外普及人材育成事業」の対象となる場合は、「特定活動」ビザが付与されて、日本食の料理師として就労することが可能です。

ビザ申請に関する質問をお待ちしております!

About Us

当事務所は、東京の高田馬場で外国人のビザ申請取次を専門的に扱っております行政書士事務所です。

入管へのビザ申請は、もちろん、ご自分でもできますが、入管法を知らないでやっても、許可される確率は非常に低いです。入管法に精通し、入管という「お役所」を良く知る行政書士の辻にお任せ下さい。

高田馬場にいらっしゃった折には、ぜひ、お立ちより下さい!

LINKs

東京入国管理局
日本行政書士会連合会
東京行政書士会

的場貴彦行政書士事務所様(熊本)
office-matoba.jp

Address

LINEのIDです。

Visa4you.tokyo © All Rights Reserved, Designed by Daisuke Tsuji